ERPパッケージによる情報一元管理|社内管理による業務効率化

電気CADの機能

電卓と硬貨

電気工事業の業務において、電気設備の図面作成や見積りの積算といった業務は時間と手間の掛かるものかと思います。見積りの積算に関しては材料の拾い出しや各材料の単価をカタログから調べる等、特に時間と手間が掛かるでしょう。また、図面作成後に材料の不足が発覚してしまい見積りの積算をやり直すといったことも有り得ないことではありません。電気設備の図面作成に関しても、既存である図面に追加点や変更点を記載する際やPDF及びJWCADのデータ修正に時間が掛かってしまうはずです。そういった業務の時間を大幅に短縮することができれば、大きな業績向上を実現することもできるでしょう。
電気工事業での従来の図面作成や見積りの積算はそれぞれのソフトで行なっていました。電気設備の図面作成であればCAD、見積り積算であれば積算ソフトといったものが挙げられます。電気CADと呼ばれるソフトを利用すれば、CADと積算ソフトの両方の機能を1つのソフトで使用することが可能となります。業務に関しても、電気設備の図面作成ではマウス操作のみで簡単に図面の内容追加や変更を短時間で行うことができるようになり、PDFやJWCADのデータ等もそのまま使用できるため簡単に修正することができます。見積りの積算に関しても材料の拾い出し作業をマウスのみで行うことができる他、従来の積算ソフトにはなかった機能として各材料の単価を自動で調べる機能が備わっています。また、CADと積算ソフトの機能を1つのものとしているため、CADで作成した図面と見積りを連動させることができます。そうすることで見積書作成が容易なものとなるのです。また、見積りの積算において材料の漏れ等が無いので図面作成後に材料が不足していたといった事態も発生しません。CADと積算ソフトを1つにまとめた電気CADを導入することで業績向上を実現することができるでしょう。