ERPパッケージによる情報一元管理|社内管理による業務効率化

企業における安否確認

PCを触る男性と女性

大規模災害というのはいつ発生するかわかりません。近年でも大規模災害は突如発生し、大きな被害と混乱を発生させました。多くの従事者を抱える企業はそういった大規模災害に備えて、安否確認の対策をしておかなければなりません。企業にとって安否確認というのは大規模災害時の事業再復興に関して重要なポイントとなるのです。
企業における安否確認では従来であれば災害時の連絡役として担当者がおり、各社員及び従業員へ連絡を回し無事を確認します。しかし、その担当者が連絡の取れない状態であれば安否確認は行なわれません。そういった場合に備えて安否確認システムの導入をお勧めします。このシステムは全ての社員及び従業員のメールアドレス等の連絡先をシステム上に登録し、大規模災害時に自動で安否確認メールを送信します。この時に登録する連絡先は1人に対して複数登録することも可能で、確実な安否確認を行うことができます。返信がない場合には自動で反応があるまで定期的に自動送信を繰り返し、反応を待ちます。回線の混み合いによってメールが送信できない場合でも、送信が完了するまで自動で送信をし続けるため確実性は非常に高いものとなっています。また、返信があり無事であることが確認できた社員や従業員はリスト化され、その人数を把握することができます。不明者のピックアップも容易なものとなるため、大規模災害後の企業の行動の決定を迅速に行うことができます。安否確認システムを導入することでより確実に全ての人に安否確認メールを送ることが可能となり、より早い事業活動の再開をすることができるでしょう。