ERPパッケージによる情報一元管理|社内管理による業務効率化

電気CADの機能

電卓と硬貨

多くの電気工事業において注目を集めているソフトに電気CADと呼ばれるものがあります。電気CADはCADと積算ソフトを1つにまとめたシステムで、電気設備の図面設計や見積りの積算をより簡単で効率的に行うことを実現したのです。

もっと見る

ERPの導入メリット

仕事する男女

企業を経営していくにあたって、事業内容の幅が広いほど情報管理というのは困難なものとなっていくでしょう。大抵の企業では各部門・部署の業務で発生した情報に関して、各部門・部署ごとに専用のソフトを用いて管理を行なっているかと思います。情報をそれぞれの専用ソフトに分けて管理することで、確かに情報管理は容易なものとなるでしょう。しかし、そういった情報の管理方法をとってしまうと、他部門・部署の情報が必要となった時には情報データの引き出し依頼の連絡や情報データの引き出し、情報データの打ち直し等の様々な業務が発生してしまいます。そういった業務は非効率的なため、改善する必要があるでしょう。ERPパッケージを導入することで、簡単にその問題を解決することができます。
ERPパッケージでは企業内における各部門・部署の情報を一元管理化することができるようになるシステムで、従来の情報管理で発生していた非効率的業務を改善することができるのです。このシステムは各部門・部署においての入力データに対応し、快適に業務を行える他、入力したデータが1つのデータベース上に保存されます。そのデータベースには企業内にある全ての部門・部署のデータが保存されているため、どの部門・部署であっても容易に必要な情報データを引き出すことが可能となります。ERPパッケージの導入には業務に関するメリットの他に、経営に関するメリットも得ることができます。全ての情報一元管理されることによって、経営者は現在の経営状況及び運営状況を容易に把握することができます。その結果、これから発生するであろう問題の予測や業績向上に必要となる経営戦略を立てやすくなるのです。ERPパッケージは導入することで大きな業績向上に繋がっていくといえるでしょう。

申請業務のシステム化

オフィス

クラウド対応ワークフローシステムでは企業内における申請業務を効率的な内容でシステム化することができます。クラウド対応のため、出張中であっても承認処理及び申請処理を行える他、ペーパーレス化によるコスト削減も実現できるのです。

もっと見る

企業における安否確認

PCを触る男性と女性

多くの社員や従業員を抱える企業において、大規模災害時の安否確認は困難なものとなるでしょう。安否確認システムを導入することで最速で確実な安否確認が可能となり、企業が行うべき判断を早期に決断することができるでしょう。

もっと見る